水素水の効果を実感しよう

正しい水素水を選ぶには

正しい水素水を選ぶには 健康や美容に効果が期待でき、今さまざまな種類の水素水が販売されています。
ただ、水素自体は無味無臭のため水素水といってもただの水と味も見た目も違いがありません。
そのため中にはにせものやほとんど水に近いものが売られている場合もあります。
水素水は即効性のあるものではありません。
継続して続けていくことで変化が現れてくるのです。
そのため悪徳業者が横行しやすい商品です。
信頼性のあるメーカーのものを選ぶようにしましょう。
長年売り出していて顧客が定着している商品であれば、その効果が実証しやすいです。
商品にきちんと水素濃度が表示されているものを選びましょう。
水自体、水素と酸素の結びついたもののためもともと水素は含まれています。
そこに更にどれくらい含まれているかが重要なのです。
目安として、0.8から1.0ppm程度の濃度があれば充分に効果が期待できます。
これ以上のものもありますが、効果に変わりはありません。
それよりも毎日続けていくものですから、その濃度の範囲内で信頼できるメーカーのものであり、毎日購入しても予算的にも大丈夫なものを選ぶようにしましょう。
マグネシウムスティックを購入して自分で水素水を作り出すのもよいでしょう。

水素水の中の水素の含有量

水素水の中に含まれる水素の含有量を表す単位として、ppmが使われます。
1ppmとは、1リットルの水の中に1mgの水素が含まれる、という意味合いです。
1気圧の水の中に1.57ppmの水素が溶けた時が、自然界においては飽和水素容量であるとされています。
したがって、水素水の中の水素の含有量は1.6ppmが最高濃度となります。
しかし、技術の進歩によって、さらなる濃度の高い水素水を生成することが可能になってきています。
1.6ppmを超える水素濃度を作り出す方法は2種類あります。
1つ目は加圧方式と呼ばれます。
密閉容器に圧力をかけて水素を入れ込んだり、圧力をかけても大丈夫な容器の中で水素を発生させる方法です。
製品化されているものとして、アルミパウチのもので充填した段階で3.00ppmのものや、圧力に耐える容器で作って飲むタイプのもので7.00ppmというものもあります。
2つめの方法は、水素の粒子をナノメーターという単位まで小さくしてから水に溶け込ませる方法で、ナノバブル方式と呼ばれます。
これを製品化したものは、2.4ppmくらいになっています。
より水素が抜けにくいのはナノバブル方式です。
加圧方式のものは開封すると水素が抜けていきますので、2時間以内くらいに飲みきるのがおすすめです。

水素水関連サイト

水素水の効果について注目したサイトです。

水素水